大阪でハイフ(HIFU)・キャビテーション・脱毛専門のAnterior大阪心斎橋院

MENU

ブログ

HIFUハイフは医療用ですか?

ネット上でまことしやかに広まっていることですが、

Q1、『医療用HIFUハイフの方が出力が強く、効果が高い?』

Q2、『エステで使用する美容器のHIFUハイフは出力が弱く、効果が低い?』

よく このようなご質問をいただくことがあります。

 

当院でのHIFUハイフ機器の1回目の買い替え前は 

私も少しそう思っていました。

 

だったら、導入するHIFUハイフは医療用にしようと思って、
医療用のHIFUハイフを探してみました。

ところが、

美顔や痩身に使用するHIFUハイフで、
医療用が見つかりません。

いよいよ困って、一生懸命さがしていると
厚生労働省のHPで公開されている医療器のリストにたどり着きました。
年度別に承認された医療器の
医療承認番号、承認日、一般的名称、販売名、業者コード、申請者が表記されています。

日本で美容のHIFUが始まる前の過去10年分ほどさかのぼって調べてみましたが、
美顔・痩身に使用されるHIFUハイフで医療器として認められている機械は
日本に一台もありませんでした。
HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療HIFU(ハイフ)医療

医療用承認されているはの治療用HIFU

私が調べてみると、
●平成21年に子宮筋腫の治療用として集束超音波機器が医療承認を受けていました。
●平成26年に骨転移腫瘍(がん)の治療についてHIFUが医療承認されたようですが、平成30年に他の治療法が主流となり、削除となっています。
●2016年(平成28年)に、原因のわからないふるえやパーキンソン病などの治療のためのHIFU(集束超音波)機器が医療器として承認されていました。

上記のように病院などで本来の治療に使用される集束超音波(HIFU)医療器は見つかったのですが、

アメリカのFDA※でリフトアップの効能を承認されたHIFU機器
=ウルセラも、見あたりません。

ウルセラも日本では医療承認を受けていないようです。
※(FDAとは【アメリカ食品医薬品局】日本の厚生労働省にあたる公的機関)

つまり、

厚生労働省が認可をしていなければ日本では医療器ではないということです。

医療用HIFUハイフについて

日本で美顔や痩身などの美容目的で使用されるHIFUハイフ機器について、
たとえクリニックへ『そのHIFUハイフは医療器ですか?』と質問しても、
日本国内で医療承認番号を受けている機械は1台もないので、
すべて『医療器ではない』という答え
になるはずです。

※つまり、医療用のHIFUハイフで施術を受けたくても医療用HIFUハイフは日本に存在しないのです。
医療用のHIFUハイフだというのであれば、医療承認番号をきいてみましょう。
(厚生労働省のHPで医療承認番号を検索すればすぐにわかります。)

Q1、『医療用HIFUハイフなのかどうか』
『医療用HIFUハイフの方が効果は高いのか』

その部分については、

医療機器の美容用HIFUは日本に存在しないので、医療器なのか美容器なのか、
こだわる必要はないと思います。すべて医療器ではありません。

 

当院に導入しているレーザー治療器

当院の超音波診断装置(医療用エコー)

 

 

 

EMSおよびパルス治療器

 

 

 

 

 

もし、こだわるとするならば、原産国で医療器なのかどうかということになりますが、
原産国で医療器なのかどうか簡単に調べられないので、
これは一般の方が裏付けを取ることは難しいと思います。

出力が強いか、弱いか、これについては次にご説明します。

Q2,『エステで使用する美容器のHIFUハイフは出力が弱く、効果が低い?』

この件に関してですが、
平成29年の3月ごろでしょうか、HIFUハイフによる顔の火傷が報告されていました。

エステで使う美容器のHIFUハイフが弱いのであれば、
火傷さえ起こらないはずです。

でも、実際はエステで使用するHIFUハイフも、火傷をするくらいの出力が出るようです。

エステのHIFU(ハイフ)の出力が弱いとは思いません。
実際にはケガをするほどのことが起きているのですから。
・・・ということは、美容器のHIFU(ハイフ)でも、ある程度の効果はあると思います。
『きちんとした解剖学的知識ときちんとした使い方をすれば』、ですが。

適度な量を使えばになるものも、過剰になるとになるのと同じで、

適切に使う(適切な出力で受ける)ことが重要です。

お酒と同じです。程よく飲めば血行を促進し、気分も楽しくなりますが、
飲みすぎると気持ち悪くなりますし、
中毒を起こして死亡する場合もあるくらい、飲み方には注意が必要ですよね?

効果があるか、ないか、それは何が違うのか?

  1. shot数が少ない
  2. 照射する部分が適切でなかった
  3. 照射する深度が適切でなかった
  4. HIFUハイフは2ヶ月くらいゆっくり時間をかけて効き目が出るので、
    本当は効いているのに効果に気づかなかった

このどれかだと思います。(私が推察するに、たぶんほとんどが14だと思います。)

ウルセラなどの施術ではおよそ100push、(1クリックで26ドットの連射として)

2,600shotでの施術が1回の標準量かと思います。

2019年8月分月現在、当院の【おまかせフェイシャルHIFU】の場合、1回で15000shot前後を照射しております。(標準量の約4~5倍)

例えば、強い出力にして1shotでひとつの点を作るとします。

点の面積が効果範囲(脂肪や筋膜に作用する範囲)と考えます。

出力を弱くして、穴の大きさを半分にしたとします。

でも、穴の数を ひとつから4つに増やすと、ひとつの穴の大きさは半分でも

×4倍量にするとトータルで効果範囲(面積)は2倍になります。

 

当院の見解としては、

【出力が弱くてもshot数を多く照射すれば、安全で効果も高い】

と考えております。

ですから当院としては、無理に出力を高くする必要性はないと考えます。

少しずつ強さを上げていって、お声がけしながら患者様の様子をうかがって照射すれば、

火傷は大幅に回避できるのではないかと考えられます。

Q2、『エステで使用する美容器のHIFUハイフは出力が弱く、効果が低い?』
エステのHIFU(ハイフ)が必ず弱いとは限りません。
出力を上げすぎると危険なので、
適切な出力で受けることが重要です。

※安全限界を調べるために、当院のHIFU(ハイフ)でどこまで出力を上げられるだろうかと、私自身が人体実験をしました。もちろん、通常の施術で患者様に絶対にしないことです。

やはり強烈な痛みとともに熱さを感じました。次の日見事に内出血が発生しました。
まだ最大出力ではなかったので、もっと出力を上げれば内出血を通り超えて、
火傷になると考えられます。

◆何度も言いますが◆
多くの方が勘違いされています、
『出力が強ければ強いほうがいい』とかではなくて、
『効果が出て』『安全な』出力で施術することが大事なのです。


身体は冷やさない方がいい ⇒ 一般的に正しい。

では反対に

身体は温めたほうがいい ⇒ これも一般的に正しい。

 

じゃあ、温めればいいんだから、

徹底的に身体を温めるために

100℃のお風呂に入ろう!!

って、ならないでしょ?

ネット情報のすべてを信じてはいけません。

補足

Q,クリニックで受けるほうが、HIFUハイフは安全ですか?

A,もちろんエステで受けるよりは 間違いなく 安全です

医師は人間の身体のことを徹底的に勉強されてきたのですから
エステより安全、それは当たり前です。

しかし、当院に

『クリニックでHIFUハイフを受けて火傷をしたのですがどうしたらいいですか?』

と 写真を見せてくださってご相談に来られた方もおられます。

事実、お写真を拝見して 私も大変驚きました。


HIFUハイフを受ける方の中に、とても肌の弱い人もおられます。

普通であれば 何も問題が起きるはずがないのに

火傷になったり、皮下出血を起こしたりする可能性も ゼロではありません。

私も毎日、非常に慎重に施術をしております。

施術後も、次回お越しになるまで気になる患者様のことが頭から離れません。

どこの施設でも、すべての施術、治療において『絶対大丈夫』は、ないのです。
『エステよりクリニックの方が安全』ということについては、
その通りだと思いますが、ご自身のお顔や、お身体に受ける施術ですので
どこで受療するにしても十分ご検討くださいますようお願い致します。

Anterior大阪・心斎橋院 HIFU(ハイフ)詳細ページへ

医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果医療用HIFU(ハイフ)の効果

 

 

一覧ページに戻る
Anteriorブログ
Anterior東京・銀座院
院長ブログ
top

ウェブ予約